無人航空機とドローン推進システム

さらに長い距離で、より安全な飛行を可能にします。

maxonは最高品質の製品およびプロセス、そしてドローン市場における各種認証取得を保証します。maxonの無人航空機ドライブシステムは、ブラシレスDCモータ、ESC制御ユニット、プロペラから成り、最高の安全性と効率を実現するために構築されています。maxonのお客さまには、60年以上にわたる経験、地上および宇宙空間で実績を誇る最先端のドライブ技術による恩恵がもたらされます。

最先端技術による飛行

「スイス製」の無人航空機技術

ドローン分野では、ブラシレスDCモータ、制御装置、そして適切なプロペラの完璧な相互作用をシステムレベルで詳細に理解することが特に重要です。

maxonの無人航空機推進システムは、強力な推力、高い電力密度、最適化された効率性、および環境の影響に対する最高の耐性を組み合わせた長い耐用年数を備えています。
 

最適な磁石配置と巻線仕様

最適な整流アルゴリズム

軽量ながら、最高の耐久性を発揮

最適に調整されたプロペラ

一貫した コンフィグレーション管理

モーションコントロールプロジェクトにおける長年の経験

ストーリー

火星におけるドローンの初飛行

2021年4月、NASAのヘリコプター型ドローン「インジェニュイティ」は火星での初飛行に成功しました。ヘリコプターの飛行方向を制御するのは、maxonが特別に調整した6台のマイクロモータです。火星には大気がほとんど存在しません。このため、火星での飛行を成功させるには軽量で安全な設計であることが必須条件でした。

このため、これらのコンポーネントでは、何百万回もの試験が重ねられました。

すべての新しい無人航空機コンポーネントは、市場に導入される前に一連の認定テストを受けます。この厳格な品質管理システムにより、最大限の安全性が保証されています。

信頼できる品質

無人航空機には信頼性の高いコンポーネントが必須条件です。なかでも、可能な限り長い飛行時間を保証する、エネルギー効率に優れたドライブがとりわけ必要になります。maxon のブラシレスDCモータとESC制御ユニットは、これらの要件を問題なく満たします。maxonのドローン分野における高い効率と信頼性を誇る高性能ドライブシステムは、他の追随を許さない高品質を保証しています。2012年以来、maxonはEN 9100 (AS 9100に相当) に準じ認証を受けています。この規格は、航空宇宙産業用の部品を開発・製造する企業を特に対象としています。maxonは、一貫したコンフィグレーション管理と部品やトレーサビリティを組み合わせた持続可能性と安定性を提供します。maxonの製品はすべて、標準化された設計、製造プロセス、検査方法に基づいて製造されており、部品の再現性が最大限に確保されています。

機上で最高の機能を体験

60年以上にわたり、maxon は、ドライブ技術分野においてお客さまのニーズに合ったソリューションを軸に事業を展開してきました。 maxonのブラシ付きおよびブラシレスDC モータは、高い要件が求められ、信頼性が第一に優先される環境で常に使用されてきました。maxonの技術は20年以上にわたり、「赤い惑星」である火星で探査車を動かしています。maxonのエンジニアは、これらをはじめとするさまざまな航空宇宙プロジェクトで培った知識を活かし、大量生産対応コンポーネントの改良に取り組んでいます。maxonの無人航空機ドライブシステムには、こうした極めて難易度の高い環境でのアプリケーション向けのオーダーメイドドライブソリューションを開発する際に得られた、これらの包括的な経験から恩恵を受けています。

航空宇宙規格に準じた試験に合格

今日では、無人航空機の応用分野や適用事例の普及と成熟に伴い、無人航空機とその関連コンポーネントの運用上の安全性がますます重視されてきています。maxonは、航空宇宙産業分野で確立された非常に厳格な環境試験基準への適合証明を可能にし、ドローンメーカーの運用ライセンス取得をサポートしています。開発中に行われるmaxon標準認定テストのほかに、無人航空機ドライブの全ポートフォリオにおいて、DO-160Gに準拠した環境試験も行われます。非常に厳しいこれらの試験内容には、規格の各セクションに準拠した温度、振動、衝突安全性/衝撃、湿度の試験が含まれています。maxonのドライブシステムが受ける必要があった試験基準は、ヘリコプターコンポーネントの認定に必要な試験と同じ基準が適用されています。


 

無人航空機に関するmaxonの専門知識を是非ご活用ください

maxonという名は、お客さまのニーズに合わせた精度、そして世界中に3,000名を超える従業員を擁するスイスの高水準を保証する包括的なサポートネットワークの代名詞です。航空宇宙およびドローン技術のエキスパートで構成される専門チームは、複雑な開発プロジェクトや数年にわたる開発プロジェクトであっても、仕様 の技術評価からプロトタイプ、テスト、製造に至るまで、あらゆるアプリケーションでお客さまをサポートします。maxonは、航空宇宙産業分野における広範な知識に基づいて、独自の社内品質管理手順と試験方式を開発しました。これには、ドライブシステムの各コンポーネントを分析するための専用試験装置も含まれます。 

UAVに関する専門知識

maxonのUAVソリューション

GettyImages-1449084299

maxonでは、カスタムメイドのコンポーネント、品質システム、航空・宇宙産業におけるモーションコントロールプロジェクトの豊富な経験を生かし、UAVメーカに最適なソリューションを提供します。

もっと読む

3Dと拡張現実 (AR) ビューでmaxonのモータテクノロジーをご覧ください。

maxonでは、ごく小さい設置スペースに最大パフォーマンスが集約されています。 
画像をクリックし、マウスボタンを押したままポインタを動かすと、無人航空機モータをあらゆる角度からご覧いただけます。QRコードをスキャンするだけで、拡張現実 (AR) ビューをご覧いただけます。 

Open in AR View:

無人航空機とドローン推進システム

maxon無人航空機製品パンフレットをダウンロードしてください。

maxon無人航空機製品ポートフォリオは、モータ、ESC制御ユニット、プロペラを相互に調整し、組み合わせたものを提供しています。ご提供可能なすべてのコンポーネントの概要と詳細については、パンフレットをダウンロードしてください。

エキスパート

カスタムメイドのコンポーネント

maxonのエンジニアは、ドライブ技術において、様々な業界をカバーする長年の経験を有しています。maxonの標準製品の組み合わせが特定の応用分野の要件を満たさない場合、maxonは最先端のドローンを生産するために、お客さまのニーズに正確に適合するドライブシステムに特化した開発を行っています。

このため、maxonのお客さまは、小規模または大規模な連続生産において、非常に柔軟かつ迅速に生産に入ることができます。 

弊社の推奨製品

maxonのブラシレスDC無人航空機フラットモータのポートフォリオには、セグメント化された磁石と高温巻線を備えた外部ローターモータが含まれています。プロ仕様の無人航空機で極めて長い寿命と最大限の信頼性を実現すること。これを目的に開発・最適化されたエアフロー冷却システムと航空用アルミニウム製軽量コンポーネントは、優れた性能を保証するだけでなく、環境の影響に対する最高の耐性と最大限の堅牢性も確保されています。

762144_ECX22_flat_UAV - Rotor

ECX 22 flat UAV

 

  • スラスト: 最大 290 g
  • 重量 (ケーブル含む): 23 g
  • プロペラ範囲: 5” – 6” 

ECX 32 flat UAV

 

  • スラスト: 最大 1.5 kg
  • 重量 (ケーブル含む): 55 g
  • プロペラ範囲: 9” – 11”
ECX_flat_42_UAV_Rotor

ECX 42 flat UAV

 

  • スラスト: 最大 2.4 kg
  • 重量 (ケーブル含む): 105 g
  • プロペラ範囲: 14” – 16”

ECX 69 flat UAV

 

  • スラスト: 最大 8.1 kg
  • 重量 (ケーブル含む): 269 g
  • プロペラ範囲: 20” – 24” 

ECX 87 flat UAV

 

  • スラスト: 最大 9 kg
  • 重量 (ケーブル含む): 310 g
  • プロペラ範囲: 26” – 30”

maxonは、大手プロペラメーカーと協力して、最適に相互調整された個別要素を備えたシステムをご提供しています。そのため、maxonの無人航空機製品は高品質のプロペラと組み合わされ、試験されています。

Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 14x4.5”

 

  • 直径: 14" (356 mm)
  • ピッチ: 4.5” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 18 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 20x6.7”

 

  • 直径: 20” (508 mm)
  • ピッチ: 6.7” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 30 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 22x7.4”

 

  • 直径: 22” (559 mm)
  • ピッチ: 6.7” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 44 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 24x8.1”

 

  • 直径: 24” (610 mm)
  • ピッチ: 8.1” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 55 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 26x8.7”

 

  • 直径: 26” (660 mm)
  • ピッチ: 8.7” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 66 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 28x9.4”

 

  • 直径: 28” (711 mm)
  • ピッチ: 9.4” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 76 g
Propeller 26x8,7 CW 2B MC_ISO

プロペラ 30x10”

 

  • 直径: 30” (762 mm)
  • ピッチ: 10” (プロペラブレードの 75% で測定)
  • 重量: 71 g

maxonのESC制御ユニットは、無人航空機市場では唯一となる独自のセンサレス制御アルゴリズムを使用しています。個別キャリブレーションと高度なパラメータ設定により、各モータに最適なField-Oriented Control (磁界方向制御) が確保されます。この際、電力喪失は最小限に抑えられ、最大限の出力が引き出されます。ハードウェアは直観的なスタジオソフトウェアによってサポートされています。これにより、最適なセットアップのために必要となるパラメータとデータを設定および監視することができます。

ESC

UAV-ESC 52/30

 

  • 重量 (ケーブル含む、ハウジング含む): 102 g
  • LiPo バッテリー: 3S - 12 S
  • 出力電流: 連続 30 A / ピーク 90 A
ESC_52-30_DroneCAN_render

UAV-ESC 52/30 DroneCAN

 

  • 重量 (ケーブル含む、ハウジング含む): 102 g
  • LiPo バッテリー: 3S - 12 S
  • 出力電流: 連続 30 A / ピーク 90 A
enUAV-ESC_52-30_User_Manual

UAV-ESC Bundle

 

The UAV-ESC Bundle contains a complete package to get started with the maxon UAV portfolio. It includes the EPOS Studio software for commissioning, comprehensive documentation and predefined parameter files.

Auterion

ドローンの新たな地平を切り開く

maxonの戦略的パートナーシップでは、両社の専門知識を効果的に活用して、ドローンの運用、開発、フリート管理を簡素化し、コストを大幅に削減することを目標としています。

無人航空機分野のお客さまは、ドローン業界を牽引するAuterion社のSkynodeモジュール、そして業界をリードするmaxonのBLDCモータおよびESC制御ユニットを組み合わせた、最先端のオープンエコシステムを活用できます。

もっと読む

企業ブログ

サクセスストーリー

重要なのは、「何を」だけではありません。これを「どのように」行うかも重要なのです。maxonは、スタートアップ企業から国際的なコンツェルンまで、非常に多くの企業にオーダーメイドのソリューションをご提供します。その結果がすべてを物語っています。
ブログ
Helping hands dt 1500x1000maxon Story

救助の手をさしのべる

緊急時に人を救援することができる救助隊がその現場にいることは非常に重要です。しかしまた、最先端テクノロジーも重要な役割を果たします。救助活動を成功に導くには、人間と機械が強力なコンビを組む必要があります。私たちは、エンゲルベルク救助隊のスイスアルペンレスキュー チームと共に、行方不明者の捜索に参加しています。
もっと読む
Farming_Headermaxon Story

農業の未来

農地、納屋、温室でも、ロボットとドローンはすでに多くの作業を担っています。これらのロボットができることを以下にご紹介します。
もっと読む
Int-Ball_ISS_maxonmaxon Story

国際宇宙ステーション (ISS) で活躍する自由飛行カメラ

国際宇宙ステーション (ISS) の新メンバー、自律移動型カメラドローンを紹介しましょう。この小型球体のドローンは、宇宙飛行士の作業を撮影し、彼らの貴重な作業時間を約 10% 削減することができます。
もっと読む
ブログ

UAVドローン推進システム

ホワイトペーパーのダウンロード

ドローン開発の成功には、信頼性が高く、ドローンに特化したパワフルなモータドライブソリューションが不可欠です。くわしくはホワイトペーパーをダウンロードしてください。

よくある質問

  • maxonのカタログで適切な製品が見つかりません。どうすればよいですか?

    最適なサポートを提供できるようにするため、在住国のmaxon販売パートナーにご連絡いただき、次の情報を提供してください。

    • 最小/最大バッテリー電圧/電源電圧とバッテリーの種類
    • プロペラの寸法制限プロペラが既に決まっている場合は、プロペラの特徴・特性をお伝えください。
    • 最大推力/トルク/回転数 (および各動作点を維持する必要がある時間)
    • 定格推力/トルク/回転数 (連続)
    • 環境要件 
  • 閉ループのESC制御ユニットがもたらす利点は何ですか?

    モータ回転数が調整され、常に確保されます。これに対し、開ループESC制御ユニットでは、バッテリー電圧の低下とモータ温度の上昇により、一定時間が経過すると回転数が低下します。 

  • 無人航空機のESC制御ユニットは、サードパーティメーカーのモータやプロペラでも使用できますか?

    理論的には可能ですが、ESC制御パラメータはmaxonポートフォリオのために定義されているため、必ずしもすべてのサードパーティコンポーネントで機能するとは限りません。無人航空機ESC制御ユニットパッケージのユーザヒントには、初めての使用時のガイダンスが記載されています。最適な性能を確保するには、maxonのパラメータを評価する必要があります。

  • システムのメンテナンスはどれくらいの頻度で必要ですか?

    ESC制御ユニットと無人航空機モータはメンテナンスフリーです。maxonは、ベアリングがモータの寿命全体にわたって持続して使用できるようにモータを設計しています。実験室の条件下および実験室試験では、maxonは同じモータ (およびプロペラ) で2000時間以上の連続運転を行い、さらに周期的負荷プロファイルで1000時間以上の連続運転を達成しています。

  • システムは要求の難易度の高い環境向けに設計されていますか?

    はい。このモータは、環境の影響に対して、高度な保護性能を確保するように考慮して開発されました。意図した性能レベルを達成するため、開口部の数は最小限に抑えられています。これにより、砂や粉塵の影響が最小限に抑えられます。困難な課題となるのは塩水噴霧条件ですが、これもmaxonのパートナーによって行われた試験で合格しています。
    ESC制御ユニットは、IP54と類似の保護等級で開発されています (製品サンプルを除く)。現在も保護等級取得は継続して行われています。

  • maxon無人航空機ポートフォリオにはどのようなIP保護等級がありますか?

    各モータでは、IP規格に準拠した試験はまだ行われていません。このため、IP保護等級を表明することはできません。モータ は、全体が密閉された機械的設計と最適化された空気循環を備えて開発されました。 出力向上のための放熱と環境に対する保護のための密閉型設計との最適な妥協点を見つけるために、試験が何回も繰り返し行われました。

お問い合わせ

さらにご質問がございますか?

maxonのUAV専門チームが皆様のご質問にお答えします。